<< 美味しいお菓子と妖怪 | main | 帰宅レポ( 2) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

執事な喫茶レポ( 初帰宅編)

3月25、26と行ってきました。
噂の執事な喫茶Sワローテイルへ。

諸々の事情により、初帰宅を一人でしてきちゃいました。あっはっは( ̄∀ ̄)♪

階段を降りる前に、自分自身に暗示かける私。

「今から行くのは喫茶店。店員さんがとっても親切な喫茶店。」

わかってます。店員さんがいくら親切でも、お嬢様呼ばわりはしません。
無理は承知の上です。


緊張しつつ、ゆっくり階段を降りると・・・

誰もいません。

逆にびっくり。

15分も遅れたからかしら・・・(・・)?
インターホンを押そうか迷っていると、どこからかちょっぴりいかがわしそうな雰囲気漂う方が、慌てて出てきました。
後で浅井さんだと判明。
怪しげな微笑みが良いですね。


担当は執事が鮫島さん、フットマンは朝比奈さん。
朝比奈さん!!(心の中でガッツポーズ)
思ってたよりも細面な方。

そしてお二人とも、ニコニコ笑顔で好印象です(*^v^*)

席は一番奥から二番目のカーテン席。
フロア全体とフットマンの溜まり場?みたいな所が見れて観察に最適でした!

朝比奈さんが注文を私の隣にしゃがんで聞かれるので、心の中で「ちっか(@_@)!!!」と突っこんじゃいました。
注文したのはフォションのアップルティーとファーストパビリオ♪
紅茶がすっごく美味しくて、料理が来る前になくなったらヤバイと慌ててお水も飲む私。うーん水っ腹。。。

交代の時間帯だったらしく、途中で黛さんと共にご挨拶に来てくれました。
黛さんの挨拶中、ずっと黛さんの眼鏡チェーンをいじる朝比奈さん。
完全無視の黛さん。
最後は顔から眼鏡落っことしてました。やりすぎ(笑)

黛さん「朝比奈よりも大人な!!黛がお世話させていただきます。」
という台詞を聞き流し、朝比奈さんに会ったら言いたかった「京都から来たんです(*^o^)」を言うと、黛さんは
「あっ。わたくしはお嬢様の眼中にないようでございますねっ!!」と言って去っていかれました。ごめんなさい〜(^^;)
朝比奈さんには「良い笑顔しやがって。」みたいな事言ってました(笑)


しかしその後、ちゃんと京都ネタをふってくれる黛さん。優しいですね。
今月末に京都へ来られるそうで、おすすめスポットや行きたいという金閣寺の豆知識をお話しました♪

一人ということで、一応小説を買ってちょこちょこ読んでいたら黛さんに何の本か聞かれたので、表紙を見せて
「アルゼンチンババアです。」
と言うと、素で
「はっ?!」
って言われました(笑)
「よしもとばななは知っているのですが・・・アルゼンチンババアは知りませんでした。」

サンシャイン通りの映画館でデカデカと宣伝してたのですがね

私が
「アルゼンチンババアはアルゼンチンタンゴ教えてるみたいです。」
と言うと
「タンゴというと、あの、チャッチャカチャッチャッ、オ・レッ!というやつですね!」

私「それフラミンゴですね。」

「・・・それは鳥ですね。」

私「(゜ロ゜)!!・・・・・フラメンコですね。」

「そうですね(;^^)」

私「二人とも間違いでしたね〜( ̄∇ ̄;)」

お互い微苦笑浮かべてました・・・

その後私の小学生時代に近所にいた、つくしババアの話に
「つくしババアという事は、つくしを食べてたんですかね!いや、ですがつくしは山菜なのでそんなに変な事では・・・(・◇・;)」
お一人で妄想を膨らましてました(笑)

「アルゼンチンババアは猫を飼ってるみたいです。」
と私が言うと
「猫食べちゃうんですかね!?」

何故。

私「つくしと一緒にね。」

「ブフッ!(吹かれた)・・・ですね。」


黛さんとが一番自然にお話できて、楽しかったです(*^^)

そして一番謎だった方
黒須さん。

最初は「髪ながーい。良い声〜(・o・)」
と凝視していたのですが、ちょこちょこ給仕にも来てくださったので、結構お話できました。
しかし何故か
「お嬢様、お名前をお伺いしてもよろしいですか?」
って聞かれ一瞬固まる私。
「えっと・・・○○です(とりあえず下の名前)」

黒須さん「分かりました。○○お嬢様ですね。覚えます。」
と笑顔で去っていかれました。
私、初回なのですが・・・いや、嬉しいですけどね♪
その後何もないのにスーッと来て
「○○お嬢様ですね?」
と確認し、また笑顔で去っていかれました。
なんか可愛かったです(笑)

アートさんや南さん、モミアゲの茂美さんもいらっしゃいました。
アートさんには一回だけ紅茶を注いでいただいたのですが、本当に綺麗なお顔ですね。
後ろから朝比奈さんが来られたので、一言も話せず残念でした(..)

アートさんは、横顔が知り合いの男性に似てて、視界に捉える度に、口の端を噛んで笑いを堪えてしまいました・・・髪色さえも似てました(笑)

お手洗いへ行った帰り道、超方向音痴の私は帰るドアが分からず
「変な所開けて怒られたらどうしよ・・・。」
と固まっていると、非常階段のような所から製菓用と思しきダンボール箱3箱を抱えたエプロン姿の男性と、執事さんが降りてきました。
私を見つけ
「やっべ!」
って顔で慌てる執事さん。
そういうのは、あんまり気にしないんで大丈夫です・・・。
それより帰り道を教えてください・・・。

謝る執事さんに、構わず帰り道を聞く私。
無事帰れてよかった(^_^;)

最後は黛さんと麻生執事に見送られ、お土産片手に、にこにこでお屋敷を出ました♪

ちなみに次の日へ続きます(^v^;)v
posted by: 葉っぱ | 執事な喫茶 | 14:58 | comments(2) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 14:58 | - | - |
コメント
 
2007/03/28 1:47 AM
Posted by: 葉っぱ
お嬢様というより、「お客!」って感じで行っちゃいました(笑)
お嬢様はお手洗いからの帰り道、迷わないですよね・・・(-v-;)

麻生執事は、何となくアウトドア的な感じがしました。

フットマンさん達とは、お仕事の邪魔にならない程度でお話できるよう気をつけました(^.^)
私も一応接客に携わる人間なので、痛いお嬢様にならないように、一番気を使いました〜(>_<)
2007/03/27 10:10 PM
Posted by: アルハレ
初ご帰宅おめでとうございます(?)
にこにこしてお出かけ出来て、良かったですねえ♪
葉っぱ様はすごいなぁ…私はフットマン諸氏と全然話ができません。特にすることもないんですが…!初帰宅にして堂々のお嬢っぷりでございますわ。

そして魅惑のKスワールドが…。お仕事もきっちりなさるし、ちょっと不思議なところもいいですねえ、Kスさん。Kスさんにお名前を訊かれたなんて、羨ましいです★

A生執事がお見送りですね!!私、爺やと並んでA生執事、大好きなんですわ…。ニュートラルなところが…。

次のレポも待っております♪









トラックバック
 
http://otome8sisou.jugem.jp/trackback/18