<< いらん自白 | main | ばとん >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

ちかんとオトメ

え〜、今日は久しぶりに道で酔っ払いに絡まれました。
ので
乙女と一部の男子の敵、痴漢について書いてみまっす(・O・)ノ
暗い内容ではありませんが、そういう話題が苦手な方は読まないでくださいね。


小学生の時はまったくなかった(それか気づかなかっただけか)のですが、中学生位から、急に痴漢や変な人に遭うことが多くなりました。
人に言わせると、わたしは大人しそうな顔立ちらしいので、そのせいなのかな?
何回か変な人に遭遇して経験知がついたのか、だいたいの変な人(主に痴漢系の)はパッと見た時の第一印象で「あ、この人なんかこわいな。」って判るようになった気がします。

人に言うと、「おめーの自意識過剰だろ。」って思われそうなのですが、これホントなんです。
本屋さんで小説を選んでいる時に(私の痴漢遭遇率は本屋が断然多い。)本棚の反対の位置にあるお店の自動ドアの開く音がしたので、何の気なしに振り返ると男の人が入ってくるところでした。
距離があったので、顔までははっきり見えなかったのですが、その人を見た瞬間「あ、あの人、なんか怖いな。」って感じたんです。
本棚に向き直ってからも一応、と思い背後にも神経を尖らせながら、本選びを再開。
しばらく本をパラパラと読んでてふと気がついたら、さっきの男の人がいたんです。






私の真後ろに。(イヤャーーー((T□T))!!!)


気づいた瞬間速攻で本を平積み部分に置き、斜め横から超早足移動して、お店の螺旋状になってる階段から二階に逃げました。でもすぐに後を追ってこないか不安になって、階段から下を伺うと、さっきの男は数秒店内をうろついてから何も買わずに出て行きました。
その瞬間、ホォ〜〜〜〜(T_T)と気が抜けて、一人しゃがみこんでから、気づきました。
そのお店のレジは自動ドアの横にあって、私のいた本棚はドアからず〜〜〜っと進んだ一番奥。
私の身長当時153cm。男の身長だいたい175cm位。
つまり男が私の真後ろに立つと、私の姿はすっぽり隠れちゃうんです冷や汗
え〜〜〜、もちろん私の左右に人はまったくいませんでした。そしてわたしの立っていた本棚はBL系がほとんどの腐オトメ全開!!な本棚です〜(-∀-;)
よりによってそんな時に・・・

他にも電車乗っててドアが開いた瞬間に警戒していた男が、空いてるのにわざわざ横座ってきて、しかもだんっだん近づいてこられて、「あ〜〜〜やっぱり(-_-;)」
ってなったり。(立ち上がって隣の車両移りました。。。)

ほんと、オトメの皆さま、直感で、「きなくせえな、こいつ。」って感じたら要注意!!です。
当社比80%で、その勘当たってるとオモイマス。きっとオトメの直感。
そしてオトメ的男子の方々、世間には「痴女」という敵もおりますので、ごちゅーいですよ(>□<)!!

ちなみに、葉っぱの幼馴染のお姉さんは高校生の時、一緒に歩いていた友人が自転車乗った男に追い抜かれざま、制服のスカートをめくられたのにキレて、逃げてく自転車男にめがけて道にあった石をガッ、と思いっきり投げつけて見事背中にクリーン☆ヒットさせたという武勇伝が。

かっこいいなあAちゃん・・・
posted by: 葉っぱ | オトメ的思想 | 03:57 | comments(1) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 03:57 | - | - |
コメント
 
2008/07/11 2:55 AM
Posted by: 背徳野郎です
私は男性ですが、女性はいざとなったら大きな声をだせば大丈夫だと思います。男性は世の中の誘惑と戦って背徳野郎(インターネットで変な映像を見ることも含めて)にならないように女性に対して誠実純潔になることは自分との戦いです。









トラックバック
 
http://otome8sisou.jugem.jp/trackback/13