スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

帰宅レポ3

久しぶりに仕事が早く終われたので、東京訪問最後のレポ上げれました〜(涙)
それでは、つたないレポですがどぞ!!↓



ガビルンちゃんと別れ、夕方帰宅しました。


担当は芥川さん(執事)。
ダンディ執事キター(≧∀≦)☆★

前日ガビルンちゃんに初帰宅時の話をしていて、遠くにいたフットマンが顔は綺麗なのに髪型が不思議(ツーブロック式みたいな。テニプリの神尾のような)だった!
という話をしていたところ、ドアを開けたらそのフットマンが立ってました。

沸き上がる笑いを必死で堪え挨拶を聞くと、神尾フットマンは各務さんでした。

荷物を持ってもらい席へ案内してもらおうとしたのですが、何故か変な間が。
丁度いいので、お土産の辞退はできないか聞いてみました。
いや、ぶっちゃけティースプーン三つも使わないし、実は薔薇味って苦手なので、無駄に貰うよりは遠慮したいなぁ〜・・・
と思って試しに聞いてみたんですけど、駄目でした。
やっぱりね!


今回の席は、メニューの入ってる柱の斜め後ろ。
フットマンが皆こっち向いて歩いてくるので、目線に困る・・・
私はちょっと離れた所でじっくり観察したいんでーす( ̄∇ ̄)ノ


紅茶はパビリオ、カップはオーバンコテージガーデンのピンク。これ可愛いですね〜!一番好き(*^∪^*)♪
食事は三回帰宅で最後に残しておいた(薔薇苦手なの、で。)ファーストローズに。
しょっぱなからシルバーのスプーンを忘れる各務さん。
自分で気付いて淡々と引き返す姿に、一拍遅れてツボりました。

メニューは紅茶がパビリオだったせいか、ファーストパビリオを間違えて持ってこられびっくり。
メニューとったのは各務さんではなかったんですけど、ちゃんと謝りにきてくれました〜。


・・・てか各務さん、噂には聞いてましたが、本当にカミカミ(笑)。
淡々と噛みながら、淡々と語尾を濁すので何言ってるか聞き取れない!!

「わたくしが何か?(-_-)」
って感じの無表情すぎて、こっちも笑いたいのに笑えない、拷問のような一時でした。


しかし、お世話はかなりしっかりばっちり見てもらいました。
少し離れた場所でじっと見守られ過ぎて、他のフットマンにはまったく絡めずでしたが・・・(いや、ホントは良い事なんですよね!)

黛さんは違うスペース担当だったのですが、メニューを取りに来られた時に目が合い、メニューを取り出しながらニヤッと

「アルゼンチンですね。」

と言って去っていかれました(笑)
その後も、する事なくなってクロークの鍵を見ていたら
「鍵を見つめていらっしゃいますね?!」

って言われ、ビクッ(゜∀゜)ってなりました。
二つ付いてる鍵の一つは、お嬢様の心の鍵だそうです。

私の心の鍵を、こんな所に置かんでおくれ・・・

大河内さん、尺八の話したら、びっくりされました(笑)どうしても聞いてみたくて、ゴメンナサイm(__)m

紅茶注いでもらいながら、私がJAZZのコンサート聴きに行って、特別に吹いてもらったしの笛が格好良かったーって話をしたら、とたん楽しそうなお顔に☆
そして

「実はわたくし、しの笛も少々たしなんでおります。」
って。
すごっっ!!!

控え目な穏やかさが良い感じの方でした(*^^)

そして、今回は初めて紅茶の追加をしました。
美嶋さんに時間の確認してもらい、メニューとにらめッこ。
初帰宅の時に飲んだ、アップルティーにしました。

ちりりんっと。


初めてお見掛けするオールバック眼鏡執事さんに注文すると、残り時間を確認してきますとのこと。

あれ?

伝票を持って去ろうとしてる執事さんに声をかけようとしたら、執事さんの背後で別の事をしていた美嶋さんが、執事さんの背中を押しとどめてました(笑)
そしてその後ろには各務さんが無表情で立たれてて、変な図でした(^_^;)

その後、オールバック眼鏡執事さんは、「西恩寺」さんだと判明。

私的には柔らかい印象があったのですが、その後はまったく絡みなしだったので、次回に期待。です。


あとは橘さんという方が、穏やかな雰囲気で良かったです。


ダンディ執事の芥川さんは、コート脱ぐ時もさりげなく手伝ってくれたり、紅茶飲み終わるまで
「どうぞあと一口、二口なりと〜(^^)」
ってにこにこ待っててくれたり、一番「執事」らしい落ち着きと丁寧さに感動させられました。
そしておもっきり不本意そうに、「シフォンケーキは冷凍にも耐えます。」って教えてくれました(笑)三回帰宅して、初めて言われました。不本意そうにww

今回は、年の功を実感した帰宅でした☆
posted by: 葉っぱ | 執事な喫茶 | 00:08 | comments(9) | trackbacks(0) |

帰宅レポ( 2)

お昼に、中学時代からの友人ガビルンちゃんとしてきました!

担当は椎名さん(執事)と葵さん(フットマン)。
私の紅茶はニルギリ、茶器はオールドカントリーローズ、食事はお昼ご飯代わりにファーストオセロ。
友人の茶器はムーンライトローズで、私と色違いです☆
薔薇の模様が華やかで素敵なカップでした(*^∪^*)

食事は葵さんオススメのファーストパビリオにしてました。


前日に、お昼なら会えるかも♪と仰っていた朝比奈さんを目で探していたら、隣の席のお嬢様担当だったようで、ご挨拶に来てくださいました(*^^*)

黛さんはいないようで、残念。。。


葵さんは、20代中ば位の今時なお兄さん。
見た目の印象より、すっごく優しい方で、ガビルンちゃんが初帰宅と知るとずっとガビルンちゃんの方を向いて丁寧に説明してくれました。
ガビルンちゃんは緊張しすぎてメニューを凝視してましたが(笑)

葵さんの飼っているハムスターの事を聞くと、最近二匹増えたとの事。
名前はテラとワロスです・・・って、葵さんはオタクなのですか?
スワロ出てから意味に気付いた私とガビルンちゃん。
もっと早く気付いたら突っ込めたのに(>_<)!腐女子失格です!


この日はひどい花粉症(か鼻炎)のフットマンがいたようで、私の背後からブー!ブビー!!っと鼻をかむ音が盛大に聞こえ、後ろのカーテン席のお嬢様かと思っていたらガビルンちゃんに「フットマンさんだよ(^_^;)」
と言われびっくり。


人間ですから、出てくるものは仕様がありませんけど、もう少しだけ離れたとこでしてほしかったorz


「わー、紅茶おいし」ブビーッ!!
って・・・
ある意味笑けました。



この日はアートさんもおられて、ガビルンちゃんと
「美しいっ!!」

って言いまくり、頑張って来てもらおうという事に。

ベルは位置的に私が見やすかったので、力強く
「任せて!」
とフロアを伺い、素早くベルを鳴らすと来てくれました。




南くんが。



可愛い男の子好きなガビルンちゃんなので、まぁ結果オーライ?
しかし南くんの声は凄いですね!
地声もあまり変わらないらしいですけど、性格はぜっっったいドS系だと勝手に確信してます。

そしてリボンが半端なく長いですねっ!
「邪魔になることもあります。」
って、短くしちゃ駄目なのかなぁ?



この日はダンディ執事ーズが一人もいなくて残念(´з`)
二人だったので、基本放置気味な帰宅でした。


しかし最後までガビルンちゃんの言ってた「韓国人みたいな顔の外ハネ。」
が誰か分かりませんでした。
分かったつもりで話してたら、全然違う人だったし・・・。


気になります。。。
posted by: 葉っぱ | 執事な喫茶 | 19:20 | comments(2) | trackbacks(0) |

執事な喫茶レポ( 初帰宅編)

3月25、26と行ってきました。
噂の執事な喫茶Sワローテイルへ。

諸々の事情により、初帰宅を一人でしてきちゃいました。あっはっは( ̄∀ ̄)♪

階段を降りる前に、自分自身に暗示かける私。

「今から行くのは喫茶店。店員さんがとっても親切な喫茶店。」

わかってます。店員さんがいくら親切でも、お嬢様呼ばわりはしません。
無理は承知の上です。


緊張しつつ、ゆっくり階段を降りると・・・

誰もいません。

逆にびっくり。

15分も遅れたからかしら・・・(・・)?
インターホンを押そうか迷っていると、どこからかちょっぴりいかがわしそうな雰囲気漂う方が、慌てて出てきました。
後で浅井さんだと判明。
怪しげな微笑みが良いですね。


担当は執事が鮫島さん、フットマンは朝比奈さん。
朝比奈さん!!(心の中でガッツポーズ)
思ってたよりも細面な方。

そしてお二人とも、ニコニコ笑顔で好印象です(*^v^*)

席は一番奥から二番目のカーテン席。
フロア全体とフットマンの溜まり場?みたいな所が見れて観察に最適でした!

朝比奈さんが注文を私の隣にしゃがんで聞かれるので、心の中で「ちっか(@_@)!!!」と突っこんじゃいました。
注文したのはフォションのアップルティーとファーストパビリオ♪
紅茶がすっごく美味しくて、料理が来る前になくなったらヤバイと慌ててお水も飲む私。うーん水っ腹。。。

交代の時間帯だったらしく、途中で黛さんと共にご挨拶に来てくれました。
黛さんの挨拶中、ずっと黛さんの眼鏡チェーンをいじる朝比奈さん。
完全無視の黛さん。
最後は顔から眼鏡落っことしてました。やりすぎ(笑)

黛さん「朝比奈よりも大人な!!黛がお世話させていただきます。」
という台詞を聞き流し、朝比奈さんに会ったら言いたかった「京都から来たんです(*^o^)」を言うと、黛さんは
「あっ。わたくしはお嬢様の眼中にないようでございますねっ!!」と言って去っていかれました。ごめんなさい〜(^^;)
朝比奈さんには「良い笑顔しやがって。」みたいな事言ってました(笑)


しかしその後、ちゃんと京都ネタをふってくれる黛さん。優しいですね。
今月末に京都へ来られるそうで、おすすめスポットや行きたいという金閣寺の豆知識をお話しました♪

一人ということで、一応小説を買ってちょこちょこ読んでいたら黛さんに何の本か聞かれたので、表紙を見せて
「アルゼンチンババアです。」
と言うと、素で
「はっ?!」
って言われました(笑)
「よしもとばななは知っているのですが・・・アルゼンチンババアは知りませんでした。」

サンシャイン通りの映画館でデカデカと宣伝してたのですがね

私が
「アルゼンチンババアはアルゼンチンタンゴ教えてるみたいです。」
と言うと
「タンゴというと、あの、チャッチャカチャッチャッ、オ・レッ!というやつですね!」

私「それフラミンゴですね。」

「・・・それは鳥ですね。」

私「(゜ロ゜)!!・・・・・フラメンコですね。」

「そうですね(;^^)」

私「二人とも間違いでしたね〜( ̄∇ ̄;)」

お互い微苦笑浮かべてました・・・

その後私の小学生時代に近所にいた、つくしババアの話に
「つくしババアという事は、つくしを食べてたんですかね!いや、ですがつくしは山菜なのでそんなに変な事では・・・(・◇・;)」
お一人で妄想を膨らましてました(笑)

「アルゼンチンババアは猫を飼ってるみたいです。」
と私が言うと
「猫食べちゃうんですかね!?」

何故。

私「つくしと一緒にね。」

「ブフッ!(吹かれた)・・・ですね。」


黛さんとが一番自然にお話できて、楽しかったです(*^^)

そして一番謎だった方
黒須さん。

最初は「髪ながーい。良い声〜(・o・)」
と凝視していたのですが、ちょこちょこ給仕にも来てくださったので、結構お話できました。
しかし何故か
「お嬢様、お名前をお伺いしてもよろしいですか?」
って聞かれ一瞬固まる私。
「えっと・・・○○です(とりあえず下の名前)」

黒須さん「分かりました。○○お嬢様ですね。覚えます。」
と笑顔で去っていかれました。
私、初回なのですが・・・いや、嬉しいですけどね♪
その後何もないのにスーッと来て
「○○お嬢様ですね?」
と確認し、また笑顔で去っていかれました。
なんか可愛かったです(笑)

アートさんや南さん、モミアゲの茂美さんもいらっしゃいました。
アートさんには一回だけ紅茶を注いでいただいたのですが、本当に綺麗なお顔ですね。
後ろから朝比奈さんが来られたので、一言も話せず残念でした(..)

アートさんは、横顔が知り合いの男性に似てて、視界に捉える度に、口の端を噛んで笑いを堪えてしまいました・・・髪色さえも似てました(笑)

お手洗いへ行った帰り道、超方向音痴の私は帰るドアが分からず
「変な所開けて怒られたらどうしよ・・・。」
と固まっていると、非常階段のような所から製菓用と思しきダンボール箱3箱を抱えたエプロン姿の男性と、執事さんが降りてきました。
私を見つけ
「やっべ!」
って顔で慌てる執事さん。
そういうのは、あんまり気にしないんで大丈夫です・・・。
それより帰り道を教えてください・・・。

謝る執事さんに、構わず帰り道を聞く私。
無事帰れてよかった(^_^;)

最後は黛さんと麻生執事に見送られ、お土産片手に、にこにこでお屋敷を出ました♪

ちなみに次の日へ続きます(^v^;)v
posted by: 葉っぱ | 執事な喫茶 | 14:58 | comments(2) | trackbacks(0) |